バナー9.jpg

主に企画の製作日記等を書きたいと思っています。
台本はサイト、またはカテゴリページ上部より規約を確認の上御使用いただけるようにお願いします。


2014年06月24日

戦争の影

【戦争の影】総台詞数49



・登場人物♀1♂2
ジェニファ♀ 

ダニー♂ 

男♂ エキストラ


・本編
自動ドアが開きジェニファが入ってくる
ジェニファ「おはよう」
ダニー「おはよう、ジェニファ。よく眠れた?」
ジェニファ「いいえ、夢見最悪よ」
ダニー「それは残念だ。今日は君の晴れ舞台だってのに」
ジェニファ「生存確率がほぼないんじゃ素直に喜べないわね」
ダニー「一機しかない新型の戦闘機だ。大切にしてくれよ」
ジェニファ「貴方の集大成だもの。分かってるわ」
ダニー「そっか、良かった」
軽くキス
ジェニファ「寂しいけど、国の為だものね」
ダニー「あいつを僕だと思えばいいさ。パイロットの腕はピカイチなんだからきっとダニー1号も喜んでくれるよ」
ジェニファ「貴方が惚れたように?」イタズラっぽく笑って
ダニー「そういうこと」
ジェニファ「うふふ……ん? ちょっと待って」
ダニー「何だい?」
ジェニファ「名前つけたの? 新型戦闘機に?」
ダニー「ああ、ダニー1号。君が昔乗ってたのはディズ4号だ。名前くらい普通だろう?」
ジェニファ「んーそうねー、じゃあ貴方の名前は?」
ダニー「ダニー」
ジェニファ「新型戦闘機は?」
ダニー「ダニー1号」
ジェニファ「貴方の名前がついたのは昔あったじゃない」
ダニー「あれは船だ。それにスペルが少しイジってある」
ジェニファ「(失笑)。分かった。もう文句は言わないわ。あの子……ダニー1号(少し笑って)とゆっくり余生を楽しむ」
ダニー「ちなみに僕は0号だ。忘れないでくれよ?」
ジェニファ「忘れないわよ、馬鹿ね」
ダニー「じゃあ、出発前にプレゼントだ」
一輪の薔薇を渡す
ジェニファ「薔薇ね……素敵」
ダニー「この胸ポケットにさして。あ、棘はとってあるから大丈夫」
ジェニファ「あら、気が利くこと」
胸ポケットに薔薇をさす
ジェニファ「これを貴方だと思えばいいのかしら」
ダニー「そういうこと。ついでに1号もね」
ジェニファ「了解。…………ねえダニー、寂しいわ」
ダニー「僕もだよジェニファ」
ジェニファ「どうして戦争なんてあるのかしら」
ダニー「さあ、雲の上の御方にしか分からないことだね」
ジェニファ「ダニー、貴方は新しい人生を歩いてね」
ダニー「ジェニファ、君のことはずっと忘れないよ。また戻ってくるのを待ってる」
ジェニファ「そんなことを言わないで。私はもう戻って来れないのよ」
ダニー「戦争が終われば帰ってこれる」
ジェニファ「敵さんが頭上を飛んでる私を打ち落とさず、黙って見守ってくれると思う? 仲間が殺されるのを見ながら?」
ダニー「……」気まずそうに
ジェニファ「ごめんなさい、意地悪言い過ぎたわ。でも気持ちは嬉しい」
ダニー「皮肉だね、皆の棺を僕が造っているなんて」
ジェニファ「貴方の技術は素晴らしいわ。これからも頑張って。私は誇りに思ってるから」
ダニー「ありがとう」
カツカツと歩いてくる男
「ジェニファ、準備は出来たか」
ダニー「ええ。じゃあねダニー」
軽くキス
ダニー「愛してる」
ジェニファ「私もよ」
ジェニファ去っていく
タグ:台本 声劇
posted by sora at 21:25 | Comment(0) | 台本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: